強くて、ニューゲーム。

事業家の特性

まず、事業家とは「時代を強く生き抜く者」と私は考えています。まだ研鑽しないところは多いですが、私はすでに事業家だと思っています。

そういう性質になるメリットをこの記事で伝えてみたいと思います。むかし、私に仕事を教えてくれた人が言っていました。

事業家になるには、事業家の思考にならなければならない。と

あの人の事は、少し嫌いですが、いまならあの人がやろうとしていたことも理解できます。私は親族の環境から、すべてが無くなっても立て直せる力が欲しいと望みました。

それをいま少し手にしているかもしれないと、この4月に思えました。

生きていれば、いける。

そう思えたからです。なので、東京の地で何かしていくことに対して不安はありませんでした。以前は違ったかもしれません。

はじめての起業のときは、仕事がどんなものなのか、全く分からないままスタートでした。いまならどういうものが求められるかが、分かる気がしています。

それは事業を自分で回し続けてきた経験からだと思います。いままで自分で得た利益をずっと取られる環境にいました。いまはある程度、自由に使えます。

自分のビジネスモデルを組むこと。これが出来ると、一気に人生は変わっていきます。

自分で事業をすることが一番自分の想い通りになる。

私は長く、人の商品サービスを営業代行として、こなしてきました。

そうすると、自営業であろうと、提携先の失敗や、気分によって色んなものが変わってしまいます。それはある意味では自分の人生を生きれません。会社員と、なんら変わらないのかなと思っています。

なので、独自の商品やサービス、ビジネスモデルを持つことが私は大切なのではないかと思っています。

そして、そういったものを創れない人が多かったり、そういうモデルを仕入れたい人は多いです。私はそれを提供し続ける人になります。

知識と、経験は奪えない。

極限状態に追い込まれた私ですが、形のない知識や経験、感性は奪われることはありませんでした。

私は新しい地で、ゲームでいう2週目の状態(強くて、ニューゲーム)で、東京に来ることになりました。

知識と経験を積み、事業家としての感性を磨くこと。これが家族を守り続けられるスキルになるのではないかと私は考えています。

そういったものを持った人を多く輩出し、共に豊かに暮らせる仕組みを東京で創ります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です