事業大失敗。弁済開始。

提携していた会社の失敗。

約2年半ほど、資産運用の仕事中心に、仕事をこなしていたのですが

運用先の会社が色んなトラブルが重なり、ダメになってしまいました。

私の中で、この大失敗はなかなか心に響くものです。ただ、この経験は誰かにとって役に立つと思うので、心の整理がついたら、何かしらのカタチで伝えさせてもらいます。

ここで学んだことはいっぱいあります。最悪の時に何をするかで、人柄が出るなと思いました。私に仕事を教えてくれていた人は、別の人に会社の代表をさせ、その人に責任を押し付け、逃げていきました。

自分はこの人のことを信用は全くできなくなり、離れました。ただ、自分のあるお金全てで弁済もした上に、仕事もなくなったような状態だったので、かなり厳しい日々でした。

自分を信じてくれた人へ

自分を信じて事業に参加してくれた方々がいました。

そういった方々には何としてでも、責任は取りたいと思っていました。

ただ、それはそういった方々の為ではありません。私自身のためです。自分の名前で仕事を始めて、稼げるようになりました。

そうしたからには責任があるはずです。もちろん法的な責任はありませんが、私自身は関わる人すべてを豊かに出来る仕組みを作りたいと思い、その中で投資はいいのではないかと思い、自分が関わった事業でした。

総額は1億6000万円。少しずつですが、返す日々が始まりました。

提携先の社長と共に。

私に仕事を教えてくれた人以外に、お金を運用していた提携先の会社があります。

そこの社長も何があっても返したいという姿勢でした。私はこの社長と共に、返す道を選びました。

2カ月に一度の返済です。

この期間は、どれだけに人に謝り、落ち込み、自分を恨んだかが分かりません。

元を考えれば、自分には何もできないと決め、人に教えを請うたのが悪かったのではないかと思っています。

もっと調べ、自分なりのリスクの許容範囲を考えながら、事業を進めていけばよかったといまは、思っています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です