為替ロボット×データベース

世の中には色んな仕事があります。

私が今回、目をつけたのは金融のジャンルです。

きっかけは、私の好きな鎌倉投信( https://www.kamakuraim.jp/ )の成績を見てです。

https://www.nikkei.com/nkd/fund/performance/?fcode=9Q311103

このファンドは国内で最優秀のファンドの賞をもらっているファンドです。

私の感想…これは自分たちでもっとパフォーマンスのいいポートフォリオを組めるのではないか?

考えが浅はかかもしれません。私もいつかお金が余ると、自分でポートフォリオを組まなければなりません。

事前に自分で作ったシステムで組めたらいいなとも思っていたので、ポートフォリオを組むこと自体にとても興味がありました。

自分なりに情報収集をしてみる。

いままで色々な形で投資には関わったことがあります。

私の場合、いちばん上手くいったのは、株のIPO(ビギナーズラック)です。情報収集をすればするほど、基本的に金融業界は投資助言業の資格が必要で、個人がチャレンジするのにはハードルが高い様子でした。

唯一、個人でも作ってもまだ問題がなさそうなのが、為替のシステムでした。(法律が決まってないらしい。)

いままで為替のシステムを売っている人たちには会ったことがありましたが、しっかりと話を聞いたことはありません。

そこでシステムを売っている人、為替のトレーダー、別の金融の商品を扱っている方々へ、聞いてみました。

結果…いけるかも!!

調べれば調べるほど、聞けば聞くほど、邪な(お金に汚い人たちが多い)人が多い気がしました。

業界のイメージが悪い理由もうなずけました。

そこで、私なりに考えて、組んでみました。

  • ①為替システムを作り続ける。(相場は日々変化する。時代に合わせたものを創り続ける。)
  • ②実績はガラス張りで公開し続けること。(嘘をつかない。)
  • ③システムは必ず無料で配布し続けること。(システムの販売利益を生まないこと。)

これをし続ければ、この業界の嘘も本当も検証できるのではないか。という結論に至りました。

投資の基本は、マネーリテラシーを高めること。

様々な為替システムを準備し、その人の状況に合わせて各自でポートフォリオを組むことが出来たら面白いのではないか。

私は年で5~10%程度を安定して組めるシステムが欲しいなと思っています。

ギャンブラーの友人は、月に20~30%のシステムをいくつも組み合わせて、1カ月で花火を打ち上げるようなシステムを創りたいと言っていました。

宝くじ覚悟で、それを創るのもそれはそれで面白そうだなと思いました。

ただ、私は為替のトレードの知識と経験に乏しいので、トレードを10数年やっている方をパートナーにいていただき、システムを創り始めました。

そして、システムはひとつひとつ出来上がっていきました。

為替ロボットについて、続く。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です