世界を変える、未来農園。

ITで争いが生まれている。

世界の金融の仕組、資本主義のシステムのことを考えると、

ITや、機械装置により人間の仕事はどんどん無くなります。

例え、日本人のような温厚な民族でも、子供がお腹を空かしていたら、食料のために

争うのではないでしょうか?

争いが起きにくい環境を創る。

未来農園が活動の核としているのが、健康で安心して生活できる社会を作ることです。

当団体のプログラムや活動は、衣食住を自活し、お金に極力頼らなくても生きられる環境を創ることを目指しています。

そして、世界をより良い場所にするために貢献することです。

共有農場の運営・拡大

あらゆる社会問題を解決していきます。

当団体の使命を念頭に、フル回転で課題の解決を目指しています。共有農場の運営は私たちにとって大切な活動です。
農業を直接することによって、食べることに対する経費を徹底的に下げることが出来ます。また、地域の交流が生まれ、子育てがしやすい環境が出来ます。
地方活性化は子育て環境を整えることに集結すると考えております。

共有農場の互譲互助関係

認定NPO(予定)未来農園は社会課題に全力で取り組んでいます。

資本主義が完成しつつあり、お金がないと食べられない環境が諸悪の根源になっていると考えています。

地域社会の協力と自立支援の強化を通して、天災に備え、互いに譲り、互いに助け合える関係性を作ることでより安心な仕組みになります。

安心できる環境を創りたいという気持ちが当団体の原動力です。

余った食料を共有する

この活動の目的は、援助を必要とする人々に機会を提供することです。

適切な情報と手段さえあれば、より有効な支援が可能になります。

また食料は特質上、腐ってしまいます。より多く作り、それをシェアすることで一人でも多くの人に健康な食料を配っていきます。

地方創生

生まれた故郷を想うのが人ではないでしょうか?人は助け合うことで、生きるための経費を極力下げることが出来ます。
都会で故郷を思っている方は多く感じます。私たちの仕組を故郷に持っていくことで、子育てしやすい環境になり、子供が多く育っていくでしょう。
子どもは私たちの宝物です。

人生をかけてカタチにしたい事業

私の長年悩んだ「理不尽な社会」を是正するための答えが現時点ではこれだと考えています。

ひとりでも多くの若者に伝わり、各地域ごとでこの仕組みが

出来れば、より幸せに暮らせる人が増えるのではないかなと考えております。

そのための日々の仕事であり、活動でもあります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です